満喫!わたしの自分時間

BUCKET LISTを完成させるべく日々を満喫。わたしの自分時間を彩るものたちを綴ります。

#ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

f:id:eriza_eriza:20200524230244j:plain

 

アカデミー賞俳優を超える名演技


 2011年 アメリカ

 

9・11テロを題材にした作品です。

観たいと思いつつ、なかなか一歩を踏み出せなくて、最近になってようやく観ることができました。

 

テロで父親を亡くしたアスペルガーの少年は、父の遺した鍵の鍵穴を探す決心をします。手がかりがないから、突然見ず知らずの人を訪ねるという暴挙。でも、アメリカの人は親切なんですね。

 

きっと同じことをこの東京でやったら、怪しまれてスルーされそうです。アメリカ人の懐の大きさを感じずにはいられないエピソードが良かったし、なんといっても感情移入しすぎて、涙で顔がおかしくなったのは、母親が少年を見守るエピソードなんです!!

 

これはこの映画の重要部分なので、ぜひ観てもらった方がいいので、私からは控えます。ただ・・・あーっ、言っちゃうのねー笑

 

その昔、息子が電車を乗り継いで中学校に通うことになった時、朝の満員電車でこっそりと後をつけたことを思い出しました。母親は世界中どこでも、一緒。子を思う気持ちに国境はないのですね。

 

でも、安心してください。映画の母親の行動はもっと上を行きますから。

 

そして、やはり特筆すべきは子役の名演技!

父の死によって症状が悪化しているさまや、細かな動きと表情が素晴らしいのです。

父親、母親役ともにアカデミー賞俳優なんですが、それをも凌駕するほどのレベルです。将来が楽しみっていう、ありふれたコメントしかできない自分が情けない。。。

 

物語が進むにつれて、核となっている「留守電メッセージ」の内容が少しずつ明らかにになっていくさまも、脚本力のたまもの。あの【フォレスト・ガンプ】の脚本家というのも納得の作品です。

 

観て楽しいっ!っていう作品ではありませんが、大切な人と絆を感じながら観ていただきたい作品です。